2018/08/31

物価安くて通勤便利?東武東上線に住みたくなる4つのポイント

初めての一人暮らしや、既に一人暮らししているけれど、東京都内で一人暮らししたいと考えている人のために、東京都内の一人暮らしにおすすめの沿線を研究するこの企画。今回は池袋と埼玉を結ぶ東武東上線をピックアップ。池袋に通勤していて部屋探しをしている人なら、引越し先候補に入れている人も多いのではないでしょうか。そんな東武東上線を中板橋に住んでいた筆者が「アクセスのよさ」や、「運行情報」、「引越しにまつわる買い物スポット」、「各駅の特徴」などを研究し、お伝えしていきたいと思います!

銀座・渋谷にも直結?2路線直通で座って通勤ができる東武東上線

東武東上線をアクセスという観点で見ると、2つのいいところがあります。まずは、池袋駅に直結している点。池袋駅は東京都内でも多くの路線が交差するターミナル駅です。

【池袋に乗り入れしている路線一覧】

  • JR山手線
  • JR湘南新宿ライン
  • JR埼京線
  • 西武池袋線
  • 東武東上線
  • 東京メトロ副都心線
  • 東京メトロ丸ノ内線
  • 東京メトロ有楽町線

 

池袋駅からは東京都内の主要な勤務地、新宿・渋谷・恵比寿・品川・有楽町・東京駅に直結。山手線が遅延した場合は東京メトロ有楽町線を使えば有楽町駅、丸ノ内線なら新宿駅といった感じで振替乗車も簡単です。池袋からは成田、羽田空港発着のバスもあるので旅行や出張の際にも便利です。

もうひとつのポイントは、東武東上線沿線の埼玉エリアは、東京メトロ有楽町線・副都心線と直通運転しています。副都心線直通で、森林公園から渋谷が乗り換えなし。有楽町線乗入れで、和光市から銀座一丁目も乗り換えなし。さらに、和光市駅からは有楽町線・副都心線ともに始発駅なので座って通勤できる可能性が高くなります。注意点としては、直通電車は各駅停車になるので、区間によっては乗り換えたほうが短い時間で通勤できる場合もありますが、乗り換えしなくていいのは通勤ストレスの緩和に繋がりそうな気がします。

 

【東京メトロ有楽町線】

  • ・飯田橋
  • ・有楽町
  • ・銀座一丁目

 

【東京メトロ副都心線】

  • ・新宿三丁目
  • ・明治神宮前(原宿)
  • ・渋谷

 

大きいお風呂最高!東武東上線の板橋周辺は銭湯天国?

東京都内で一人暮らしする場合、家賃との兼ね合いで3点ユニットバスに妥協することもありますよね。普段はシャワーだけでよくとも、たまにはゆっくりお風呂で疲れを癒したい。トイレが見えないお風呂に入りたい。仕事帰りに大きなお風呂でリフレッシュしたいとき、東武東上線ユーザーなら途中下車を検討してください。上板橋を中心に、昔ながらのサウナや銭湯といった温浴施設から、マッサージが受けられ、食事も楽しめるスーパー銭湯や、エステコースのあるスパといった癒しスポットもあります。

東京都内の銭湯入浴料は460円均一。回数券を購入すれば1回あたり430円と、お得に大きなお風呂で疲れを癒せるのです。最近では「東京銭湯マップ」など銭湯が検索できるサイトもあり、なかには炭酸泉や露天風呂など銭湯とは思えない充実した設備の銭湯もありますので、東武東上線沿線で一人暮らしする際にはチェックしてほしいポイントです。

新生活の買い物は池袋で!家電からインテリアまで揃う!

初めて一人暮らしする人もそうでない人も、部屋探しの次にわくわくするのが家具や家電、食器にインテリアの買い物ですよね。東武東上線の終点、池袋駅にはニトリや家電量販店、インテリアショップまで揃います。池袋駅にある引越しにまつわるお店をまとめました。

【インテリア・雑貨ショップ】

  • ・ニトリ
  • ・家電量販店(ヤマダ電機・ビックカメラ)
  • ・KEYUKA(ケユカ)
  • ・無印良品
  • ・東急ハンズ
  • ・Loft(ロフト)
  • ・3COINS
  • ・franc franc(フランフラン)
  • ・IDEA SEVENTH SENSE(イデアセブンスセンス)

 

最近では通販サイトで家具やインテリアを購入することもできますが、「サイズや色の感じが違う…」なんてこともあるようです。東武東上線沿線に住んでいれば、買い物スポットがたくさんある池袋で気軽に家具や家電、インテリアを探しに行くことができるのは東武東上線沿線に住むメリットと言えそうです。

引越しにまつわる買い物以外にも、ファッションや雑貨の買い物におすすめの池袋。ルミネやパルコ、西武百貨店に東武デパート、ZARAなど買い物スポットがたくさんあるので仕事帰りのショッピングも楽しめるという点もおすすめポイントです。

 

休日のショートトリップが楽しい!小江戸川越だけじゃない東武東上線!

就職や転勤で初めて東京都内に一人暮らしする場合、休日の過ごし方に悩むことがあります。土地勘もないし、渋谷・原宿・表参道など東京都内で有名な街に行くのも人ごみが疲れる。池袋で買い物したいけど、引越し費用で貯金も使っちゃったし、節約したい。そんなときにも頼れる東武東上線。和光市や、朝霞、森林公園など大自然のイメージがあり、一人で楽しむには寂しすぎると感じるかもしれませんが、実は一人でも楽しめ、しかも無料で入れるスポットもあるのです。

たとえば、最近人気の観光スポット、川越。池袋から東武東上線急行で30分。蔵造りの町並みが風情漂う小江戸にタイムスリップ。菓子屋通りなど食べ歩きの店も充実していておすすめのスポットです。さらに、江戸時代から続く醤油蔵、「松本醤油」では歴史ある醤油蔵が、予約すれば無料で見学できます。歴史やストーリーを知ればいつもの醤油がもっと味わい深くなるかもしれません。川越駅周辺は、おしゃれなカフェも増えていますので、街歩きに疲れたら一軒家カフェでくつろぐのもおすすめです。

それから東武東上線朝霞駅には陸上自衛隊広報センター「りっくんらんど」があります。こちらも入場料無料で、本物のヘリコプターや戦車が見ることができ、展示の内容は見ごたえ充分。実際の防弾チョッキを着用体験でき、3Dシアターでは訓練の様子が大迫力の音と振動でリアルに体験できます。

平日は会社と仕事の往復になってしまっても、休日のお出かけが気軽にできるのは、東武東上線の特徴と言ってもいいかもしれません。

 

 【特徴別】東武東上線沿線で、一人暮らしにおすすめの街はどこ?

ここまで東武東上線全体のおすすめ情報を書いてきましたが、実際に東武東上線沿線でどの街がおすすめの街なのか見ていきます!

 

池袋駅

JR、東京メトロ、西武池袋せんなど9路線が交差する池袋。デパートや駅ビル、家電量販店など買い物スポットはもちろん充実しているが、治安がいい街とは言えず、女性の一人暮らしにはあまりおすすめできない。通勤を楽にしたい、休日も都内に出かけることが多い人におすすめ。

 

大山駅

街歩き番組でも話題の「ハッピーロード大山商店街」がある街。仕事帰りにサクッと食事が済ませられるチェーン店系の飲食店から惣菜店、100均、安いスーパーもあり、日常の買い物に困らない街。「8月のライオン」や厚いパンケーキの「ピノキオ」など有名なカフェもある。

 

上板橋駅

「蒙古タンメン中本」の本店がある街。商店街には激安の弁当店や、昔ながらの定食屋が並ぶ。「花門」というボリュームたっぷりの居酒屋も人気で、個性的な飲食店が多い印象。「湯~ハウス」では銭湯価格で露天風呂が楽しめる。駅前にはイトーヨーカドーもある。

 

東武練馬駅

駅前の「イオン」の食品フロアは24時まで営業で仕事帰りの買い物に便利。一人暮らしにうれしいチェーン店系の飲食店が多いが、なかには本場ナポリのピザが食べられると評判のイタリアンも。実は映画館があるので仕事帰りや、休日も退屈しない街。

 

成増駅

地下鉄成増駅からは東京メトロ有楽町線と副都心線に乗れ、渋谷や銀座一丁目などに直結。普段使いにおすすめの「西友」や激安の「業務スーパー」があり、駅ビルの「EQUIA(エキア)成増」には高級スーパー、「成城石井」もあり自炊派、料理好きにおすすめ。

 

おすすめの駅は東武東上線でも東京都内の駅に限定して書いてみましたが、和光市より先の駅では、通勤面では東京メトロ有楽町線、副都心線が直通運転する森林公園や、志木やふじみ野は美味しいラーメン屋が多いという話も。

ここまで東武東上線を見てきましたが、いかがでしたか?中板橋に住んでいたころを思い出しても、駅周辺はドラッグストアから、持ち帰り弁当店、スーパーまで生活に必要な店がしっかり揃い、急におしゃれなカフェやバーができる不思議な街でした。調査してみても、どの駅も比較的しっかりと買い物スポットや飲食店があり、物価の安いスーパーが多いようです。

まとめると、池袋や、東京都心部に通勤し、家賃を抑えつつ買い物スポットや飲食店が多い街に住みたいと思っている人におすすめの街と言えそうです。

関連情報

instagram twitter pinterest youtube