2018/08/24

代々木上原って住みやすいの?一人暮らしにおすすめな4つのポイント

東京都内のたくさんの街のなかでお気に入りの街を見つけて家探しできたら、理想の一人暮らしに近づくかもしれません。そうは言っても住んだことのない地域の情報はなかなか手に入らないもの。特に就職や進学による初めての東京一人暮らしや、転勤による引越しなら土地勘もないのでどんな基準で賃貸物件を選べばいいのか悩んでしまうことも。東京都内の街を現地取材し、住み心地を調査する本企画。

今回は東京メトロ千代田線・小田急小田原線の2路線が交差する代々木上原駅をピックアップ。「代々木」がつく駅名は数あれど、代々木上原駅は利便性が高く、おしゃれなお店が集まる人気の街で、賃貸のアパートやマンションも多いのです。そんな代々木上原を「交通アクセス」、「買い物スポット」、「おしゃれな店」など快適な一人暮らしに欠かせないポイントに焦点を当ててご紹介します!

 

新宿・表参道・丸ノ内方面へ通勤する人におすすめしたい街、代々木上原

まずは「交通アクセス」から見ていきましょう。小田急線で新宿まで5分。表参道までは東京メトロ千代田線で6分。二重橋前(丸ノ内)駅までも乗り換えなしで20分以内。朝の通勤が苦痛になる「乗り換えの手間」や「長時間の通勤」をせずとも、通勤できるのは会社員にはうれしいところ。他にも、赤坂・日比谷・国会議事堂前・霞ヶ関・大手町といった東京都内のビジネス街に直結。早く仕事が終わった日には、途中駅の表参道や明治神宮前(原宿)で買い物したり、最新のおしゃれなカフェでくつろいでから帰宅したり充実したアフター6が送れそうです。

アクセスのよさが実感できるのは通勤面だけではありません。たとえば突然温泉に行きたくなった休日。小田急ロマンスカーで新宿から箱根湯本までは1時間30分。江ノ島の海が見たくなったら、1時間ほどで片瀬江ノ島駅に到着。途中の藤沢駅で江ノ電に乗り換えると鎌倉方面へ。街歩きをして、食べ歩きをするようなリラックスできる休日が、代々木上原に住めば身近になります。

新宿駅まで5分という立地は遠出する旅行にもメリットがあります。まずは新宿駅から羽田空港・成田空港行きのバスが出ていること。バスタ新宿からは、お得に買い物が楽しめる、御殿場プレミアムアウトレットまで直通のバスも。

東京都内に通勤する人にとって代々木上原駅は、通勤だけでなく休日のアクティビティにおいても「交通アクセスのいい街」と言えるでしょう。

 

日常の買い物から食事もできる駅ビル「アコルデ」が最強!

代々木上原の駅は意外とコンパクト。改札はひとつだけなので、友達が遊びにきても待ち合わせで迷うことがなく安心です。改札の先には「アコルデ」という駅ビル。スーパー小田急OXから、銀行ATM・箱根そばやバーガーキングといった飲食店、ドラッグストア、ゴールドジム(本格的!)、カフェ、生花店、書店、レンタルDVDのGEO(ゲオ)まで揃っています。さらに女性・男性問わず自炊派にうれしいお店がKALDI(カルディ)。普通のスーパーでは買えないスパイスや、チーズ、ワインなど、おうちご飯が楽しくなるアイテムがたくさん!スーパーフードや身体に優しいスイーツもあるので行くと何かしら買ってしまう魅惑のお店です。

 

ここまで充実した買い物スポットが駅ビルありながら、商店街には買い物スポットも点在しています。スーパーだと、マルエツや丸正。クリーニング店や薬局も東口・南口それぞれにあります。ただ、100円ショップは見つかりませんでした。

 

代々木上原を歩いていると、チェーン系の店だけでなく、個人店が多いことがわかります。ファッションのお店は、セレクトショップ系が多く、スニーカー専門店も。おしゃれな洋服や靴が身近に感じられる街という印象です。他にも、おしゃれな食器やインテリアが買える店、「Adult Oriented Records」というレコードショップも見つかりました。

 

会社帰りに寄れる深夜23時まで営業のスーパーや薬局といった「買い物スポット」、チェーン系、個人経営の「飲食店」、さらにファッション系のお店も揃った代々木上原は「買い物」という観点でも住み心地のよい街と言えそうです。

 

代々木上原で見つけた!寺でも神社でもなく、イスラム教の礼拝堂「モスク」

どの街にも寺社仏閣があるものですが、代々木上原には東京都内最大のイスラム教の礼拝堂であるモスク(回教寺院)があります。駅から5分ほど、井の頭通りにある「東京ジャーミィ・トルコ文化センター」は、白をベースに青や金色の装飾が施された素敵な外観。礼拝堂の中は鮮やかな幾何学模様で彩られた空間が広がります。どなたでも予約なしで見学可能ですし、時間によっては日本語案内付の見学ツアーもあるので、代々木上原に住んだら一度は訪れてみたい、異文化を体験できるスポットです。

 

 

おしゃれは内面から!?野菜・おしゃれ・自然が集まる街、代々木上原

アクセスもよく、買い物スポットもあり、飲食店もある街といえば、東京都内で代々木上原以外にもあるでしょう。イスラム教のモスクがあることもかなり珍しいことですが、住み心地に関することで、代々木上原の特徴は何かと考えてみたら、「おしゃれ」「野菜」というキーワードにたどり着きました。

 

代々木上原を歩いていると、マクロビ食品の専門店「GAIA(ガイア)」や、オーガニックレストランの「WE ARE THE FARM(ウィーアーザファーム) 代々木上原本店」、SNS映え間違えなしのサラダランチが評判の「botanical table Offf (オフ)」、「食べるエステ Cento Dieci(チェントディエチ)」などオーガニック野菜を扱うお店を多く見つけました。

 

今回、私が訪れたのは代々木上原駅、目の前にある「NODE UEHARA Cafe,Bar&Deli(ノードウエハラ カフェバーアンドデリ)」。

ガラス張りの店内には陽の光が降り注ぎ、お店に入った瞬間から健やかな気持ちになります。ブランチ・ランチ・ディナー、それぞれの時間帯のメニューはどれも野菜がたっぷり。なかでも、スーパーフードとして注目されているふすま粉を使ったふすまワッフルがおすすめ。小田急沿線の伊勢原市で製粉されたふすま粉と新鮮な湘南野菜を使ったワッフルプレートは、心もお腹も満たされる逸品です。ノードウエハラでは身体に優しいメニューが深夜23時まで食べられるので、仕事帰りに立ち寄れるのもうれしいですね。

 

代々木上原ほどオーガニック野菜やマクロビ食品、スーパーフードが身近にある街って東京都内でも珍しいのではないでしょうか。毎日の暮らしに取り入れずとも、元気が出ないときや、体調が悪いときなど、気軽に野菜がたくさん摂れるのは、代々木上原の特徴といってもいいかもしれません。

 

代々木上原で一人暮らし、こんな人におすすめ

今回は代々木上原の住み心地を調査してきましたが、いかがでしたか?

正直なところ。代々木上原については書き足りていません。他にもおしゃれなカフェや、食べログで高評価のパフェ、人気のケーキショップや無添加のドーナツショップ。ブルーボトルコーヒーが選んだ食パンが買える「カタネベーカリー」など本当におしゃれで美味しいお店が集まる街なのです。しかもそれが一箇所に集まっているわけではなく、邸宅が並ぶ閑静な住宅街にひっそりと店を構えていることも特徴であり、代々木上原に住みたくなる理由のひとつ。

休日の度におしゃれなお店の探検が楽しめて、話題のお店にいち早くいける街。そんな代々木上原での生活は東京一人暮らしの憧れと楽しさを全部集めておしゃれにしたイメージ。住宅街には豪邸から分譲マンション、賃貸マンション、賃貸アパートまで様々で予算や、好みに応じて選べそうです。千代田線や小田急線沿線勤務で、おしゃれなカフェめぐりが好きで、身体に優しい食事に興味がある人におすすめの街と言えるでしょう。

関連情報

instagram twitter pinterest youtube