2018/04/28

賃貸物件で一人暮らしするなら大宮?浦和・川口と徹底比較してみました!

一人暮らしの街選びでは、通勤・通学のしやすさを重視しがちですが、本当にそれだけで決めてしまってもいいのでしょうか?もちろん自分が住みやすいと感じた街・エリアを選ぶのが第一ですが、少し視野を広げてみることで、新たな出会いがあるかもしれません。そこで今回は、東京にも十分通える「大宮」「浦和」「川口」という埼玉の“3大注目エリア”の特徴や、気になる治安・物件事情などを比較してみました!

にぎわいの大宮、文教地区・浦和、アクセス至便の川口・一人暮らし向きの街は?

「大宮」「浦和」「川口」という3つのエリアは、埼玉県にある地域の中でも特に住んでみたい街として人気を集めています。基本的に各エリアとも都心へのアクセスが良く、商業施設なども数多くあり、一人暮らしをする際に、便利で住みやすい街として注目を集めています。街ごとの特徴を見てみましょう。

街の特徴・魅力「大宮」

大宮は、浦和と並んで埼玉を代表する街であり、埼玉県内の住みたい街のランキングでも1位になる人気エリアです。駅周辺には大型の商業施設が集まり、ショッピングや食事を楽しむことについては抜群の魅力を持つと言えるでしょう。また、大宮駅はJR京浜東北線や埼京線をはじめ、都心から複数の路線でアクセスできる利便性も見逃せません。

街の特徴・魅力「浦和」

埼玉県内の街の中で、大宮と人気を二分するのが浦和です。周辺には高偏差値の進学校が多く、「文教地区」として人気を集めています。県庁や市役所、埼玉県警や裁判所などといった公共施設もこのエリアにあり、緑地も多く、治安の良さも大きな魅力です。京浜東北線やJR湘南新宿ライン、高崎線ほか交通の便や、周辺の商業施設の充実についても、大宮と比較して、引けを取りません。

街の特徴・魅力「川口」

川口は、大宮や浦和に比べると街としての規模は大きくないので、商業施設や飲食店などの充実度では一歩譲ります。しかし、最大の魅力は首都圏へのアクセスの良さです。
少し郊外なイメージのある川口ですが、京浜東北線が通っていますので、東京駅や横浜駅といったターミナル駅に乗り換えなしでアクセスでき、さらに新宿や渋谷、池袋といったエリアにも、おおむね30分以内に着けるというのは、川口に住む最大のメリットのひとつと言えるでしょう。

fb_820px

大宮でおすすめの物件はこちら
大宮駅徒歩10分の場所に新築賃貸物件が誕生します!

http://my-style.ne.jp/wp/location/mystyle_vintage_oomiyahigashi/

各エリアのショッピングやレジャー、お買い物・一人暮らし生活事情

街の住みやすさを考える上で注目したいのは、ショッピングや食事、レジャーなどに関する商業施設の充実度です。3つのエリアを比較してみましょう。

商業施設の充実度「大宮」

ショッピングや食事、レジャーに関して、大宮は浦和や川口と比べてダントツに魅力のあるエリアです。駅の西口には、「マルイ」や「そごう」などの百貨店、アパレル関連が充実している「大宮アルシェ」、家電製品が豊富にそろう「ビッグカメラ」など、大型商業施設が集まっています。また、コンサートなどのイベントが開催される「大宮ソニックシティ」も、このエリアにあります。毎日の暮らしに欠かせないスーパーマーケットについても、駅周辺には庶民向けの「ダイエー」からセレブに人気の「明治屋」まで、複数の店舗が点在しています。

商業施設の充実度「浦和」

大宮に比べると規模でやや劣りますが、浦和周辺も商業施設の充実度では負けていません。駅ナカである「アトレ浦和」をはじめ、東口には「浦和パルコ」が、西口には「伊勢丹」や「浦和コルソ」があります。スーパーマーケットも、セレブ向けの「成城石井」からお手頃価格がうれしい「イトーヨーカドー」までバリエーションが豊富にあり、毎日の買い物に困ることはないでしょう。

商業施設の充実度「川口」

大宮や浦和に比べると、庶民的な街の雰囲気が色濃い川口ですが、駅の東口正面には「そごう」が、徒歩10分ほどの場所には大型ショッピング施設である「アリオ川口」があります。また東口にある「川口西公園」近くには、「川口総合文化センター リリア」があり、コンサートやイベントなどが行われます。さらに「川口銀座商店街」や「ふじのいち商店街」など、昔ながらの商店街があることも川口の魅力でしょう。

男性はもちろん特に女性が一人暮らしする上で気になる治安状況は?

一人暮らしで住む街を探す際、人それぞれ優先順位は違いますが、押さえておきたいポイントのひとつが「治安」ではないでしょうか。

治安情報「大宮」

大宮は商業地であり、飲食店も多くあることから治安について不安を感じる人も多いかもしれませんが、近年は再開発が進んでいるほか、マンションも数多く増えたこともあってか、治安が悪いような雰囲気はあまり感じられません。また駅前は複数の大通りとなっていて、少し静かな道に入っても駅近くは人通りも多く、一人でも安心して歩けるはずです。また、駅付近には交番が4つあり、パトロールもひんぱんに実施されているのも安心材料のひとつでしょう。

治安情報「浦和」

大宮と並ぶ埼玉屈指の規模の街ながら、浦和駅周辺は犯罪の発生率が低いエリアとして知られています。周辺に埼玉県警や浦和警察署があることが大きな要因ではないでしょうか。また、学校が多い文教地区であることから、駅周辺の住宅街で暮らすのはファミリー層が多く、街の防犯意識が高いことも治安の良さにつながっていると考えられます。

治安情報「川口」

川口駅周辺は残念ながら今回、比較した3エリアの中では犯罪発生率がやや高めといえそうです。ただし、最近は駅周辺の再開発が進み、かつての歓楽街や工場の跡地などがタワーマンションや商業施設に変わったため、住みやすさと治安状況も改善されつつあるようです。

総合的な暮らしやすさ・物件の豊富さが目立つのは、やはり大宮!

埼玉の3つのエリアを比較してきましたが、最終的に一人暮らしする街は、何を一番重視するのかを考えて決めること大切です。たとえば初めての一人暮らしで治安の良さを重視したいなら大宮や浦和、仕事や学校の関係で都心へのアクセスを優先するのであれば、大宮→川口→浦和の順で検討するといった具合です。さらに物件という日々を過ごす場所の重要さも忘れてはいけません。

家賃というバロメーターはありつつも、一人暮らしをする部屋は快適でないとストレスになりますから、部屋の造りや外観、最寄り駅からの距離など、物件決めではチェック項目を定めて選ぶのがベストです。

総合的なバランスを考えると、3つのエリアでもっとも暮らしやすく生活に便利な街としては、大宮が一歩抜きん出ていると言えます。駅近で暮らしたいと考えている人にとっても、物件の選択肢が多い大宮をまずはチェックしてみることをオススメします。

fb_820px

大宮でおすすめの物件はこちら
大宮駅徒歩10分の場所に新築賃貸物件が誕生します!

http://my-style.ne.jp/wp/location/mystyle_vintage_oomiyahigashi/

関連情報

instagram twitter pinterest youtube