2018/08/06

池袋が住みにくいは誤解?取材でわかった池袋西口の住みやすさとは

就職や進学といった理由で、初めて東京都内に一人暮らしする場合、どの街がおすすめなのかわからない人も多いはず。東京都内の街を実際に取材して住み心地を調査する本企画。

交通アクセスのよさ」、「買い物スポットがある」、「おいしい店がある」、「治安がいい」など、住みやすい街には欠かせないポイントに焦点を当てて記事にまとめました。

今回はSUUMOの「住みたい街ランキング2018」で堂々の5位にランクインした池袋をピックアップ。池袋と言えば、サンシャインシティのある池袋東口を思い浮かべる人も多いはず。実は池袋西口も東口に負けず劣らず面白いスポットがたくさん!10分ほど歩くと落ち着いた住宅街に入り、意外とアパートやマンションなど賃貸住宅も多いのです。今回はそんな池袋西口周辺を調査していきます。

都内を縦横無尽に駆け巡る!アクセス抜群の街、池袋

一人暮らしをするとき、通勤時間を重視して部屋探しする人も多く、なかには、部屋が狭くなっても通勤時間が短いところに住みたいと考えている人も(一人暮らしするなら会社の近く?職場が近いことのメリット・デメリットまとめ【都内編】参照)。交通アクセスのよさに関しては池袋に住む最大のメリットと言っても過言ではありません。まずは乗り入れ路線を見てみましょう。

【池袋に乗り入れしている路線一覧】

  1. JR山手線
  2. JR湘南新宿ライン
  3. JR埼京線
  4. 西武池袋線
  5. 東武東上線
  6. 東京メトロ副都心線
  7. 東京メトロ丸ノ内線
  8. 東京メトロ有楽町線

 

JR山手線を使えば、東京都内の主要な勤務地、新宿・渋谷・恵比寿・品川・有楽町・東京駅に直結。もしも、山手線が遅延した場合は東京メトロ有楽町線を使えば有楽町駅、丸ノ内線なら新宿駅といった感じで振り替え乗車も簡単です。

出張が多い場合、新幹線乗車駅の東京駅や、品川駅にも乗り換えなし。成田・羽田空港行きの高速バスも池袋から発車するため、旅行にも便利な立地なのです。

個人的に池袋のアクセスがすごいと思うところは、実家に帰りやすいこと。先述したとおり、空港や新幹線停車駅までもアクセス良好で地方の実家に帰りやすい。さらに、東京近郊に実家がある人が電車で帰省する際に乗換えが少なく便利なのです。

たとえば神奈川方面に実家がある場合は、副都心線直通の東急東横線や湘南新宿ラインで横浜に直結。埼玉方面なら、大宮には湘南新宿ラインの宇都宮線が便利。東武東上線で和光市や川越に乗り換えなしです。同じく埼玉県の所沢や狭山、秩父にも池袋からスムーズにアクセスできます。実家がそこになくたって、川越や秩父は、人気の観光スポット。休日の日帰り小旅行にもおすすめです。

東京都内だけでなく、関東圏の玄関口になっている池袋。通勤・旅行・帰省にも便利で、交通アクセスを重視する方におすすめの街と言えそうです。

日用品からおしゃれなファッションも揃う!買い物スポットも文句なしの池袋西口

池袋駅のように大きすぎる駅の場合、東口と西口を合わせると、お店がありすぎて買い物したいものがどこに売ってるかわからなくなったりしますよね。池袋西口にある主な買い物スポットは以下の通りです。

 

  1. 東武百貨店
  2. ルミネ池袋
  3. 東武ホープセンター
  4. Echika(エチカ)池袋
  5. Esolaエソラ池袋
  6. ビックカメラ
  7. マルイ
  8. ドン・キホーテ

デパートにルミネ、駅の地下街、ドン・キホーテに家電量販店も揃った池袋西口。ファッションから雑貨、カフェまであり、成城石井や北野エースといった高級スーパーも駅近にあるので会社帰りの買い物も非常に便利です。

池袋西口は飲食店が多く、繁華街のなかにも小さなスーパーが点在。まいばすけっとやピアゴ、庶民的な安い価格のスーパー・赤札堂も揃っています。他にも中華食材の専門店もあり、自炊派の人も満足する買い物スポットの数でしょう。駅から地下道で直結するマルイには100円ショップのセリアがあるのもポイント高いですね。

映画館に演芸場も!意外と豊富な池袋西口の文化的な遊び場

池袋西口といえば、居酒屋など飲食店が多い印象。ですが、実はゲームセンターやカラオケ、ラウンドワンといった遊び場から、ミニシアター系の映画館や寄席が観られる池袋演芸場、演劇、ミュージカルが楽しめる東京芸術劇場などの文化的な遊び場もあります。

一人暮らしをする場合、会社と家の往復の生活になることも多いはず。そんなとき、街自体に活気があり、仕事帰りにふらっと寄れる遊び場がある街なら仕事の後も退屈しません。それにわざわざ違う街に自分が遊びに行かなくても、「池袋ならゲームセンターもカラオケもあるよ!」「おしゃれなカフェができたから一緒に行こう!」なんて、友達を誘いやすくなるのもおすすめポイントのひとつです。

この街のおすすめ物件はコチラ

オートロック・防犯カメラ付で女性におすすめ新築物件!

池袋西口で見つけた!SNS映え間違えなしの「泊まれる本屋」

池袋西口のカルチャー的な側面をお見せしましたが、今度は池袋西口にいながらにして、NYのブルックリンに居るみたいな気分になれる、「泊まれる本屋」をご紹介します。

 

bookbed2「BOOK & BED TOKYO IKEBUKURO」は壁一面が本棚。よくみると本棚の奥にスペースがあります。実は本棚の奥にベッドスペースがあり、お気に入りの一冊を本棚から選び、ベッドスペースでゆっくり読書できるのです。楽しくて読み進めてるうちにうたた寝しても大丈夫。寝てもいい本屋であり、知識やアートに囲まれて眠れる最高の宿泊施設でもあるのです。

ふと、一人暮らしが寂しく感じたら、宿泊しないデイタイム利用がおすすめ。ゲストハウスとして利用している外国人観光客もいるので、本の話題で言葉の壁を越えられるかもしれません。ベッドを使わずとも壁一面のソファがあるので、仕事帰りにフラッと立ち寄って珈琲でも飲みながら読書するのもおすすめ。なんて都会的なアフター5なんでしょうか。

一人暮らしを池袋西口でしなくとも一度は足を運んで頂きたいスポットです

(instagramに載せなくたって映えがすごい)。

bookbed3

 

 

池袋西口にもあった!一人飯が気軽にできる老舗洋食店

一人暮らしをすると外食が多くなりがち。会社帰りにサクッとご飯を食べるなら、チェーン系の飲食店やファストフード店でも充分。ですが、仕事でいいことがあったときや、今日は美味しいものが食べたい。そんなときにおすすめしたい池袋西口で美味しい一人ご飯できるお店をご紹介します。

池袋西口を出て飲食店がたくさんある繁華街の一角に、ロサ会館というアミューズメント施設があります。その1階にある、レトロな雰囲気の洋食店が「Kitchen CHECK(キッチン チェック)」です。

ロサ会館と同じ1968年創業の老舗で、店内に一歩踏み入れるとデミグラスソースの香りが漂い、一気にお腹が空いてきます。二週間じっくり煮込んだデミグラスソースを使ったメニューも、もちろん人気なのですが、私がおすすめしたいのはオムライス。流行りのふわとろ系や、クリームソースがかかったものとは違う、ケチャップライスをしっかり卵で包んだシェフの技を感じる逸品です。会社帰りの疲れた心と身体をやさしく包んでくれるようなオムライスが手頃な価格で食べられるキッチン・チェックは本当におすすめです。

 

 

やっぱり気になる!池袋西口の治安はいいの?

池袋西口は買い物に便利でアクセス抜群。その利便性の高さから、マンションやアパートも多く存在し、駅徒歩10分ほどで静かな住宅街に入ります。

ですが、初めて一人暮らしする場合、男性も女性も池袋の治安が気になるところ。正直、池袋西口の治安はよくない印象です。特に池袋西口を出て右側の歓楽街には、居酒屋や飲食店があり、外国人も多く、夜道を一人で歩くのは心配なエリアです。

事件に巻き込まれない予防策としては、バスを活用して家の近くまで帰宅したり、街灯の多い住宅街を選んで帰る。オートロックや防犯カメラなどセキュリティがしっかりしたアパートやマンションを選ぶこと。もしくは、池袋西口から15分ほどになると、北池袋駅や要町駅など別の駅が最寄駅になっている場合もあるのでその駅を使うことをおすすめします。

今回は池袋の中でも池袋西口にスポットを当てて調査してきましたがいかがでしたか?池袋は交通の面ではかなり利便性が高く、買い物スポットもたくさんあり、食事する場所や、遊び場には困りません。その反面、治安については心配な面もあるようです。

 

今回の調査結果から、池袋・新宿・渋谷に通勤し、休日もアクティブに遊びたい人におすすめな街と言えそうです。ただし、女性の一人暮らしなら防犯性の高いアパート・マンション選びが大切。ライフスタイルや、住まいに求める要素に優先順位をつけながら、自分だけのおすすめの街を探してみてください!

 

(イケフクロウと間違えられますがこの子の名前はえんちゃんです)

この街のおすすめ物件はコチラ

オートロック・防犯カメラ付で女性におすすめ新築物件!

関連情報

instagram twitter pinterest youtube